革ということ

  • 「傷つけるのが怖い」
  • 「お手入れが難しそう」
  • 「雨の日に履けないかも」

そんな取り扱いが難しい印象を持っている方も
多いと思います。

でもそれ以上に、革の魅力はたくさんあります。
履く度に、お手入れする度に変わっていく表情。
若々しかった表情から、時を刻みこんだ深みのある表情に。

履き始めてからこそ、革の楽しみはまっているのです。

「皮」から「革」へ

  • もともとは、動物の「皮」なのです。
  • 「なめす」ことによって
  • 初めて「革」になるのです。

皮は「なめし剤」を使用して加工(防腐処理)されることで、
はじめて私たちが使う「革」になります。
オイルレザーは、鞣した皮に主に動物性の油脂をたっぷり
含ませた革のこのとをいいます。

オイルレザーならではの光沢と、しっとりとした感触が特徴です。
studio-gacco で使用している革はオイルを手塗り
で処理しておりムラ感と風合いの良い仕上がりになってい
ます。ブーツの素材として適しております。

使い込むほどに

オイルレザーは素材自体にムラ感があり、擦るとツヤ感が出る、味のある素材。
使い込んで、ちゃんと手入れしていく。
日焼けしたり、脂が染み込んだり、ムラになったり。
それでも使い込んでいくことで、あなただけのブーツに仕上がっていきます。

あなたのために作られた、出来立てのブーツ。
まだなめしの艶も若々しく、張りがあるイメージ。

5年間履きこまれた、あなただけのブーツ。
自分らしく使っているうちに、表情も豊かに変化します

スタッフ職人の声

左が新品の靴です。右が使い込んだ靴です。
革のロットの違いもありますがオイルの結構入っている革なので時間が経つと色が大分浅くなります。
履きこんだ革はクリーム等で油分を足したり時間の経過で抜けたりするので 革の色にムラ感が出たり、履きこむことで足になじみやすい靴になっていきます。
ブーツパッドで立たせた状態で写真を撮ってますが使い込んだ靴は かなり革がクッタリしているのでパッドをとるとつぶれてしまいます。
新品の商品は革にハリがまだあるので自立します。

知ってほしいこと 9つのこだわり

無料で行っています

ウェスタンブーツ調整用中敷サービス
ウェスタンブーツラッピングサービス
ウェスタンブーツプレゼントメッセージカードサービス

Facebook

ウェスタンブーツ専門店studio-gaccoFacebook

コンテンツ

ウェスタンブーツよくある質問
ウェスタンブーツ購入のお客様の声
ウェスタンブーツ専門店Studio-Gaccoメディア掲載

修理お問い合わせ

ウェスタンブーツ修理